奇抜表現 に関して

2020/5/21

 

 

 

 

判断の基準

その文章の内容・受け取り手が差別的な内容になっていないかどうかで判断します。

Actilearnでは、現場の実情を語る中で読者に直接的な訴えをするためには、ある程度の奇抜な表現も必要だと考えています。オブラートに包み現実を直視しないのは部外者です。

差別を助長する内容ではない事必要最低限の使用である事の条件を満たせば、通常はタブー視されている単語の使用も許可しております。

 

上記判断は、社会的にみるととても寛容的であり、差別の助長と捉える方もいらっしゃるかもしれません。これは「ヒト」を扱うコラムサイトとして、他人の経験を知識とし、未来の英知にするために必要と判断しているからです。

どうか読者の皆様におかれましては、読者賢明のご判断でお許しいただきまして、Actilearnへのご理解を賜りますようお願い申し上げます。

上記具体例以外の表現などを出す場合も、基本的には制限しませんが最低限の使用とします。

 

実用例

身体・精神などにハンデを持つ方

×「障害」「障がい」→「障碍」

行政は「障害」という漢字を使用していますが、Actilearnでは「障碍」のみを使用し、文献引用時にもこれを訂正した後に掲載します。 

 

恋愛・性別などの思考少数派の方

×「レズ」→〇「レズビアン」  (「レズ」は差別用語)

性的マイノリティは、その方がどのような方なのかを的確に表現する事に努めます。

 

貧困・国外などの方

×「アイヌ系」→「アイヌ」「アイヌ民族」 (ただし強制同化の話題の時のみ使用可能)

 

性的表現

×淫売→〇売春

SEX

性的表現をオブラートに包むことは、性に関する問題をないがしろにするのと同義ですので、他媒体に比べて差が大きく出る箇所です。閲覧は自己の判断の下でお願いいたします。 

 

その他

インディアン嘘つかない→クレタ人は嘘つきだ

実在する人物・国・国旗・人種・民族・宗教・思想・政治団体を一方的に賞賛または非難する表現は避ける。